流浪の月気まずいシーンはある?ラブシーンは本当にやってる?広瀬すずの演技がすごい

当ページのリンクには広告が含まれています。

2022年5月に全国で公開された映画「流浪の月」

2020年に本屋大賞受賞した凪良ゆうさんの同名タイトルの原作小説を実写映画化したものです。

広瀬すずさん、横浜流星さん、松坂桃李さんが出演し、かなりのラブシーンがあることで話題でした。

流浪の月って濃厚なラブシーンがあるらしいけどほんと?

この記事を読まれている方はこんな疑問を抱えているのではないでしょうか。

今回は流浪の月のラブシーンのネタバレや、本当にやっているのか、また広瀬すずの演技についても調査しご紹介したいと思います。

\この記事を読んでわかること/
  • 流浪の月のラブシーンについて
  • 流浪の月のラブシーンの撮影について
  • 広瀬すずの演技について

こちらの記事では流浪の月についてネタバレが含まれますのでまだ観たことのない方はご注意ください。

目次

流浪の月気まずいシーンはある?ラブシーンのネタバレについて

2022年5月に公開された凪良ゆうさんの原作小説を実写映画化した「流浪の月」

【あらすじ】
10歳の少女、更紗(演:広瀬すず)は、伯母の家に帰りたくないと、雨の公園で孤独に時間を持て余していた。

そこに現れた孤独な大学生の文(演:松坂桃李)は更紗の事情を察し自宅に招き入れた。

更紗は、文の家で心安らかな時を過ごし、自分の居場所を見つけたと実感。

しかし幸せな時間もつかの間。
2ヵ月後、文が更紗を誘拐したとして逮捕されてしまう。

そして15年後、恋人と同棲生活を送っていた更紗は、カフェを営む文と偶然の再会を果たすのだった…。

切ない恋物語が描かれているのですが、本作には、劇中過激なラブシーンがあり話題に。

ラブシーンは全部で3か所あります。

1.同棲カップルのいつもの営み
2.嫉妬で強引に…
3.嫉妬からDVへ…

一番描かれているのは最初ですが、冒頭10分ぐらいで、更紗は同棲している亮(演:横浜流星)からバックハグをされそこからキスし…というような展開になります。

このシーンでは亮が、更紗のシャツの中に手を入れて胸を揉むシーンだったり太ももにキスをしたり…と描かれています。

2つ目のシーンは40分あたりで束縛・嫉妬から激しく胸を揉むシーンなどがあります。
ここでは、更紗が拒否をし、結果胸を触るシーンのみとなっています。

3つめのシーンはほとんどDVに近いような感じで無理やり犯すようなシーンになっています。

しかしながら本作はR指定などはありません。

時間にすると2時間のうち合計2分もないような感じですのでそこまで気まずいシーンという訳でもありませんが、ご家族や付き合いたてのカップルは少し気まずくなってしまうかもしれませんね。

『流浪の月』を見るのに特にオススメなのは、31日間の無料期間があるU-NEXTです。

ドラマや映画、スポーツ、格闘技などが31日間見放題で、付与されるポイントでチケットの購入も可能です♪

\ 無料登録で600円分ポイントもらえる /

無料期間中に解約すれば料金一切かかりません

無料期間終了後の基本料金は2,189円で他の動画配信サービスに比べると高いように思いますが、

  • 見放題で楽しめる作品が充実!その数30万作品
  • 雑誌読み放題サービス
  • 1,200円分のポイント付与

上記の特典がありますので、動画や雑誌をたっぷり楽しみたい人にとってはお得なサービスになっていますよ

流浪の月ラブシーンは本当にやってる?

3度のラブシーンが描かれている本作ですが、実際に胸を揉んだりしていたのでしょうか。

現代のドラマなどの濡れ場シーンは俳優さんのデジタルタトゥーになってしまうこともあり、
コンプライアンスの関係からほとんど映ることがないように撮影するようになっています。

ぎりぎりを攻めつつも実際はやっていないような撮影になっています。

なので、映画であってもほとんど触っていなかったりとあります。

しかしながら本作では、激しいキスシーンだったり、実際に胸を揉んでいるところでお互いの顔が映っている状態ですので一部に関してはリアルな撮影を行っていたと思われます。

太ももにキスするシーンなどは上手く隠れていたので人形などを用いたのだと思われます。

だとしてもとてもリアルだったので本当に行っていた…可能性もあるかもしれません。

ここまで体を張ったのには理由があるとのことで、広瀬すずさんはハリウッド映画に出演したいという夢があるようで、色んなことをしっかりと演技したいという意味もあったようです♪

出演:広瀬すず, 出演:松坂桃李, 出演:横浜流星, 出演:多部未華子, 出演:趣里, 出演:三浦貴大, 出演:白鳥玉季, 出演:増田光桜, 出演:内田也哉子, 出演:柄本明, 監督:李相日, Writer:李相日
¥1,500 (2024/05/23 16:40時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

流浪の月広瀬すずの演技がすごいと話題に

流浪の月では、今まで清純派だった広瀬すずさんの大人な演技力が話題になっています。

SNSでは「更紗」というキャラクターの表現が素晴らしいと評価が沢山上がっています。

私も実際に観たのですが、表情の表現が本当に凄くて、広瀬すず、ではなく更紗そのものだったような気がします。

刑事さんとのやりとりのシーンでは20テイク撮り直しし、すべて演じ方を変えたともインタビューでいわれています。

20回撮って全部違う演じ方ができるって凄いことですよね!!

まとめ

今回は、2022年5月に公開された映画で現在NetflixやU-NEXTなどで配信している「流浪の月」について調査しご紹介しました。

  • 「流浪の月」ではいくつかのラブシーン(ベッドシーン)が登場。
  • 冒頭10分に描かれているラブシーンが一番過激ですが、年齢制限がついた映画ではないので、胸や局部が映っているというわけではありません。
  • 全体で2分程度なのでずっと気まずいわけではありませんが、ご家族とみる場合などは気まずい可能性があるかもしれません。
  • ラブシーンはキスや横浜流星さんが広瀬すずさんの胸を触るシーンはリアルな撮影と思われますが、太ももにキスするシーンなどは恐らく人形での撮影だと思われます。
  • 広瀬すずさんは今までの清純派の役柄とは大きく異なり成長したのが分かる演技力となっており、SNSなどでも非常に評価が高いです。

私も観ましたが、とても切なくでも辛いだけではない映画でしたので気になっている方はぜひ見てみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

コメントする

目次